読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボディ・トーク

言葉で足りないことばかり

余裕を失ったときの行動

疲れたときとか余裕を失ったとき、とにかく「誰でもいいから褒めてくれないかな〜」とか「抱いてくれないかな〜」とか思っちゃう。

それで自分を受け入れてくれる人がそばに居ると「もう自らの何もかもを預けちゃおうかな〜」とべったりになってしまう。

それが世間から見て許されない立場の相手でも見境なく思うのかもしれない。見境なく行動しちゃうから世の中から不倫だの浮気だのは消えないんじゃないかな。というのが自論である。

それでやらかしてる最中、やらかした後に「うわあ自分まずいことしてるなあ…」と我に返る。愚か極まりない。

そしてなによりも怖いのは相手にも少なからず悪影響を与えたんだろうなあという疑いを持ってしまうことである。そうした勝手な疑いから自分で拠り所を減らしていっているような気がする。

まあ自分の「甘えさせて〜!愛してくれ〜!」っていう自分勝手が相手に迷惑かけてるだけなんだよね。これって(笑)

まさにそんな事を引き起こしてる今、反省して自分を振り返ってみる。

振り返ってみて気づいたのは「心に余裕がなくて疲れているときに他人に寄りかかろうとしてしまう」ということである。

心に余裕がないときは大体人間関係で嫌になったとき、トラブルが起きたとき。もう怒るのも疲れて、泣くのもこらえてってときに拠り所である相手からメッセージなんか届くとまっしぐらに飛びつく。メッセージで足りないくらい追い詰められると「会いませんか

?」って送っちゃう。相手から褒められたいし、愛されたいから印象よく振る舞うし酷ければ色目だって使う。我ながら最低なことは百も承知である。何が酷いかって「愛をくれるなら誰でもいい」ってどこかで思ってる所。「その人が好きだから愛を与えてほしい」「あなたからの愛が欲しい」という気持ちが欠けている。要するにわたしは相手に本当の愛も思いやりも与えられないのに自分は相手から愛も思いやりも何もかも差し出してほしいと思っている。良くないなあ。

それから体に余裕が無い時は別に他人を求めようと思わない。もう具合が悪いととにかく帰って寝たい。一人になりたい。メッセージとか届いても開ける気力もない。愛を拾う余裕もない。

どちらにしろとにかく自分勝手である。

なんとかしたいなあ。

一番いいのは余裕を失わないことなんだけどなあ。それかどんなことがあっても一定に尽くしたいと思える相手を見つけることもいいのかなあ。

さみしいのも疲れるのも人を壊しますね(笑)恐ろしい!

大人になってから共感すること

唐突に思いついたので書きます。

目的もなく書きます。

本当はやらねばならぬ書類があるのですがどうしても気が乗らず、逃げ出したいので、仕事へのエネルギーをすべてこの駄文に込めてバックレようかなという魂胆です。

こうしてやらねばならぬ事から逃げ出している時に、ふと小学校のころ読んだ太宰治の『走れメロス』を思い出したのです。

まだやる気と物事への責任感に満ち溢れていたあの頃、わたしはこの作品が嫌いでした。読むとイライラしてきました。作者が陰鬱だからとかそういうのもあったんでしょうけど一番の理由は、メロスが途中で疲れて走るのをやめようとする場面です。あの頃はこの場面が大嫌いでした。「頭悪いくせにあんだけ王様にエラソーな口きいといて何してんだこのバカ」「寝てないで走れバカ」「水が湧き出なかったらどうするつもりだったんだこのバカ」とバカの三段活用でイライラを口にしてしまうほど嫌になる作品でした。真面目でピュアだったんですね。おそらく。

しかし今となってこの作品を見てみるとどうでしょう。あんなにイライラしてしまったのに穏やかな気持ちで読めます。それどころか再び走り出したメロスに頭が上がらないような気持ちになります。なぜならピュアな小学生から現在に至るまで、あらゆるめんどくさい事に揉まれながら生きてきて、めんどくさい事に負けないようにどんどん思考をクズ化させて行ったからです。昔であれば宿題の締切、友達との約束など何もかも守らなければならない絶対的なルールだと思っていました。破りでもしたら腹を切って死ななければならない。そのくらいの覚悟でした。今思えばただのビビリバカ娘です。

しかし生きていくうちには守りきれない約束もあります。ルールを破ってしまう瞬間もあります。そんな時にわたしは気づいてしまったのです。「約束を守れなくても別に死んだりしないんだ...案外平気なんだ...」と。

いい言い方をすれば「修羅場をくぐり抜けて成長した」とでも言えるでしょう。ごく普通の言い方をすれば「雑に生きても平気なんだということに気づいてしまった」と言うのでしょうか。悪くいえば「クズになった」この一言につきます。

でも今思うとピュアなあの頃より生きやすくなったと思います。些細なことでクヨクヨして眠れなかったあの日よりも、仕事をやっつけずに「寝ちゃお〜!明日の自分ヨロシコ〜!」とか言ってる今の方が幸せです。

たとえ人間失敗しても、悪いことをしても、間違えてもまあ何とか生きていけるんだなと思います。

堕落しきって取り返しのつかないことにならなければまあいいんじゃないかなって思っちゃいます。

とにかくメロスを物差しにして、セリヌンティウスを殺さない程度に力を抜いて明日からも生きていきたいですね。

相棒 劇場版Ⅳの感想を今更述べるの巻

大変今更な話であります。最初に観に行ったのは2月の12日です。2回目に行ったのも2月の終わりです。もう頭の中から新鮮な感情は消えているかもしれないのです。

ですが思い切って2回も観にいったのです。時は経ちましたが述べずにはいられません。

やはり時の流れに私の感情やら脳みそやらは勝てないようなのでとにかく面白かったシーンを思い起こす所から始めたいと思います。

※以下ネタバレに溢れています

普段から相棒にお笑い的な面白さを求めている私にとって今回の映画は大当たりでした。

ざっと面白かったところを箇条書きにするとこのようになります。

・右京さんがイタミンにカラスの説明をするシーン(「空を飛ぶカラス」って言ってパタパタする所が真面目にやってんのかおちょくってんのか分からん辺りが右京さんらしい)

・冠城くんが勝手にヘッドホンを使った件で右京さんがプンプンしちゃうシーン

リュウさんがワサビを食べたリアクションとそこから毒にやられてしまう流れ

・右京さんと米沢さんの絡み(米沢さんの言葉選びと返事にセンスを感じた)

・神戸くんの軽やかな振る舞い(「ご無沙汰してます〜♪」と、通話続行後の「以上神戸でした〜♪」)

北村一輝のライフルの構え方のセクシーさ

・会議シーン録画時の刑事部長の裏切りと絶望の表情の中園さん

・イタミンUSB事件

・病院に佇む大河内さん

・電波ジャックの元を割り出す時の右京さんの「デカい...あれえ!!!」の叫び

好きなシーン=ほぼ笑えるシーン状態です。

例外は北村さんのライフルのシーンですね。本当にセクシー&クールで釘付けになりました。敵側ですが彼を主役に組織バーズの活動劇のようなものが観てみたいです。

数あるシーンの中で私のお気に入りはヘッドホンのシーンですね。右京さんの「いけませんねえ〜」が事件に関してかと思えば、冠城くんに対しての言葉で脱力しました(笑)さらにいつも自分に対して使う「悪い癖!」のセリフが冠城くんに対してなのもなんだか和みましたね(笑)この2人の関係性が好きです。

今回の映画は最初から最後まで脳みそフル回転で観てしまいました。私、あまり頭が良くないので普段の放送でも序盤の伏線を時間が経つ事にポロポロとこぼしてしまうのです。ですからいつもラストの解明ターンで「そっか〜」とぼんやり納得状態で観終わるのです。

しかし今回は違いました。

テロ予告から国に見捨てられた少年のエピソードまで零すことなく頭を働かせて鑑賞していました。途中から「黒幕はあいつなんじゃ...」と熟考しながら観るなんていつ以来でしょうか。もしかしたら初めてなのかも知れません。はじめからストーリーやら伏線やら人物関係やらを離さず零さず観ることができました。

犯人が捕まった後も何事も無かったかのようにパレードが続いていたシーン。なんだか一番怖かったです。青酸カリで一同死亡シーンよりもぞっとしました。きっと自分たちが過ごしている現実の裏でも起こっていそうな気がしたからなのでしょうか。映画と全く関係ないのですが金正男さんの暗殺で使われた薬品、映画に出てきた毒物と何だか似ているなあ〜と思いました。日本の平和のことが描かれていましたが、現実でも100のうちの100全てが平和なんて言えないのかもしれないなと思いました。何かが間違えば私も見捨てられる存在になりかねないのかもしれないですね。

エンドロールで国に見捨てられた二人の子供が手を繋いでいたのが印象的でした。

さてドラマの方もいよいよ最終回ですね。

こちらの方も映画のときのように離さずこぼさず観終わりたいです...!

何を他人に求めるのか

こんなタイトルで書くつもりではなかったのです。

純粋にタラレバ9話の感想を書くつもりだったんです。

見終わるまでは。



以下ネタバレを含みます。












私は悲しかったんです!

key君がシクシク泣くところを見て!

倫子さんの腕の中で泣くところを見て!


いや、同情して悲しいんじゃないんです。

がっかりの悲しみです。落胆の溜息だったんです!


何にがっかりかというと自分の中で夢見て勝手に築き上げてきたkey君像がぶっ壊されたことになのです。

完全に私の願望と妄想に塗れた戯言になりますが私の中のkey君像をダラダラ書きます。

私は彼に最後まで辛辣で上から目線の存在であって欲しかったのです。

絶対的に崩れない辛辣さを持っているのが理想のkey君でした。


原作は完結間近ですけどドラマよかは彼の辛辣さや傲慢さが崩れていないですね。素晴らしいです。


ドラマは倫子さんがkey君に「これからもタラレバ言い続けてやる」宣言した辺りから雲行きの怪しさがありました。なぜなら倫子さんとkey君の立場が近づきつつ入れ替わりそうになりつつという危うさを感じたからです。

なんと言うか私はkey君にはいつまでもタラレバ娘達の上に君臨する存在であり続けて欲しかったからです。


こんなにまでもkey君にいろいろ求めてしまう自分がもはや気持ち悪いです。

きっと倫子さんに自己投影して求める男性像にぴったりなkey君に願望を押し付けて視聴していたからこのような状態になったのでしょう。

私こそ真のタラレバ娘です。

東京タラレバ娘に心を揺さぶられる

水曜日に放送している東京タラレバ娘

なんとなーく気になって初回を録画して視聴してから大変に心を揺さぶられております。

これまで水曜日の楽しみといえば相棒で反町隆史を拝む事しかなかったのですが、それを上回る楽しみ、最早生きがいと呼べるものが生まれてしまったのでしょうね。私の中では。


以下ネタバレを含む奔放な感想を述べさせていただきます。



まず第1話。

昔振った男性にデートに誘われる倫子さん。

大勝利の予感から見事転落してしまう倫子さん。悲しいですね〜。

そしてそこからのタラレバ女子会。

いや〜聞いてて「自分もこんな事言ってたな〜」「相手の男のことボロクソ貶すことで傷舐めするよね〜」とよくないと思いつつやりがちな女子トークを拝見しました。だからこそkey君の厳しい一言が染みるんですよね...。

まだ彼女たちとは若干歳が離れていても「いずれ自分も根拠の無い自信に胡座をかき続けて誰とも歩めず人生散りゆくのだろうか...」と恐怖心を感じてしまうわけです。

自分を甘やかすために女子会だの女の子だのと言いがちな人生ですが実際現実から目を背けているだけなのだろうか...。と不安になります。

こうドラマ見てると「ああ〜自分もこんな展開が訪れたらな〜」と夢見て生きてくもんなんですけど今回は危機感感じて行動し出しました。まず努力ですね。

自分をもっと批判的に見つめて磨いていかなければ何者にもなれず誰のものにもなれず死んでいくんだろうな...と反省しました(笑)

とりあえず面倒くさくてサボりがちなヘアオイルは毎日きっちりつけてから寝ています...。すごいなドラマの影響。


あととにかく坂口健太郎が尊いのです。

死にそうです†┏┛墓┗┓†

細くて冷たい金髪イケメン...。

とと姉ちゃんで葉っぱの学生さんやってた人とは思えませんよ...。

あんないい男に怒られ罵られながら生きていきたいです。